トウヤでいいとこ、見せようぜ!

スポーツスタジアム トウヤ

大会のご案内

  • LINEで送る

トップページ > 大会のご案内 > 読売・トウヤ杯 親善軟式野球大会 結果発表

第44回 読売・トウヤ杯 親善軟式野球大会 大会の結果 (2021年9月10日~12月19日開催)

第44回 読売・トウヤ杯親善軟式野球大会を終えて

 

当初はここまで長引くとは予想だにしていなかった新型コロナの脅威。

 

そんな中、参加チーム数もかなり少なくなるのではと危惧していましたが、例年に負けず劣らず総数131ものチームの皆さんに参加を頂き、改めて皆様の野球に対する熱意を感じることが出来、大変うれしく、また感謝の思いでいっぱいです。

 

9月19日(日)快晴の空の下開幕しました今大会は、天候にも恵まれ、順調に試合日程が進み、各会場で熱戦が繰り広げられました。

 

14チームがエントリーした成年の部は、11月22日(日)嘉島町総合運動公園野球場で、準決勝と決勝が行われ、トウヤ40A vsトウヤ40Bのトウヤ同士の対決となった決勝戦では、トウヤ40Bが2-0でトウヤ40Aを下し、2年連続3回目の優勝を果たしました。

 

また、117チームがエントリーした一般の部では、中尾塗装ドリームス、奥羽興産、GOES、トウヤの4チームがベスト4に進出。12月12日(日)に、リブワーク藤崎台球場で準決勝と決勝が行われました。決勝にコマを進めたのは6回の優勝を誇る中尾塗装ドリームスとこちらも優勝経験のあるGOES、どちらも譲らぬ強豪2チームの戦いとなりました。

 

中尾塗装ドリームスが各所で強さを発揮、5-0でGOESを下し7度目の優勝を果たしました。おめでとうございます!

 

また、令和4年秋に福岡で開催予定の読売旗争奪野球 九州・山口大会では中尾塗装ドリームスが前年度九州チャンピオンに輝き既に出場権を持っている為、準優勝のGOESとあと1チームが参加出来ることになっています。その為、本年度のトウヤ杯で3位になった奥羽興産とトウヤの2チームが、出場権を掛けた代表決定戦を行う事となりました。

 

12月19日(日)水前寺野球場で行われた代表決定戦はタイブレークにもつれ込み、トウヤが9-6で奥羽興産を下し、出場権を獲得しました。

 

九州・山口大会に出場予定の中尾塗装ドリームス、GOES、トウヤの3チームの皆さん、今回も優勝旗を熊本にお持ち帰り頂けるよう、活躍を楽しみにしています!

 

最後になりましたが、出場頂きました全131チームの選手および関係者の皆様とそのご家族、そして大会を支えて頂きました審判員、球場関係者の皆様、後援を頂きました読売新聞西部本社、KKT熊本県民テレビの皆様、また協賛を頂きましたサッポロビール株式会社、ダイワマルエス株式会社、ナガセケンコー株式会社の各社の皆様、大変お世話になりました。心より御礼を申し上げます。

 

来年度のトウヤ杯でまた皆様に再会出来ますことを楽しみにしております。

 

【一般の部】

優勝
中尾塗装ドリームス

優勝 中尾塗装ドリームス

最高殊勲選手賞 中尾塗装ドリームス
下田 孝之 選手
準優勝
GOES

準優勝 GOES

最優秀投手賞 中尾塗装ドリームス

江島 幸二 選手
第3位
奥羽興産

第3位 奥羽興産

最優秀監督賞 中尾塗装ドリームス
山下 健一 選手
 
トウヤ

第3位 トウヤ

敢闘賞 GOES

牧 健世 選手

 

 

【成年の部】

優勝
トウヤ40B
優勝 トウヤB
準優勝
トウヤ40A
準優勝 トウヤ40A
第3位
FORTY ROLLS
3位 FORTY ROLLS
Ka☆reishu
3位 Ka☆reishu

 

大会のご案内に戻る

このページのトップへ